A.
深夜・早朝の騒音に関しましては、ご本人様にしかわからない苛立ち・不安があると思います。
しかし、もともと音が伝わりやすい共用住宅では、"生活音"と"騒音"の区別は非常に難しい問題です。ある程度は生活音として許容が必要と思われますが、明らかに騒音ととれる場合は、弊社にご連絡下さい。
注意・警告などの対応をさせて頂きます。
※ベットの位置や家具の配置換えなどで軽減された例もございますので、お気軽にご相談下さいませ。