7月15日、更新料特約が消費者契約法に照ら照らして無効か有効か争っていた3件の上告審について、最高裁は『更新料は有効』と初の判断をしました。

 判決では、更新料には賃料の補充ないし前払いの性格が認められるとし、契約書で更新料の支払いに関する明確な合意が成立している場合には、その金額が賃料が賃料などと比べて高額にすぎるなどの特殊な事情が無い限り、消費者の利益を一方的に害するとは言えないとして、消費者契契約法違反ではないということです。

 賃貸人様・賃借人様それぞれの立場から賛否両論はあるかとは思いますが、ひとつの決着となったのは確かです。皆様は今回の判決どう思われましたか?

市川店w.e.